Songs

   スピーカー・アイコンをクリックするとサウンド・クリップを聴けます!  リアル・オーディオのストリーミング(32Kbps) 各1min.

1,フライング FLYING J.レノン、G.ハリスン、
P.マッカートニー、R.スターキー
 
2,カーニバルがやってくるぞ 
  (パリ野郎ジャマイカへ飛ぶ) CARNIVAL
茂木由多加、L.フェレ
3,なすのちゃわんやき 
  CONTINENTAL LAID-BACK-BREAKERS
中村真一
4,空と海の間 KOOL SAILER & FOOLS 末松康生、森園勝敏
5,泳ぐなネッシー BIRD'S & NESSY'S 末松康生、坂下秀実
6,レディー・ヴァイオレッタ 
    A SONG FOR LADY VIOLETTA
森園勝敏

紙ジャケット・シリーズ(2002年末リリース)には、
ボーナス・トラックとして、LPと別テイクの「レディ・ヴァイオレッタ」(フルートなしヴァージョン)を収録


Album Credit

四人囃子
岡井大二(ドラムス、パーカッション、シンセサイザー、バック・ボーカル)
佐久間正英(ベース、リコーダー、シンセサイザー、パーカッション、バック ・ボーカル)
坂下秀実(キーボード、シンセサイザー、パーカッション、バック・ボーカル )
森園勝敏(ギター、リード・ボー力ル、シンセサイザー、パーカッション、バック・ボーカル)

ゲスト・ミュージシャン  
ジョン山崎(4−アコースティック・ピアノ、ハモンド・オルガン)
中村哲(5−ソプラノ・サックス、テナー・サックス、アルト・サックス)
浜口茂外也(1−フルート、6−フルート、パーカッション)
トシ(5−パーカッション)

レコーディング&リミックス・エンジニア 沼尻英二郎
アシスタント・エンジニア 笠井満(鉄平!) 今井輝行
カッティング・エンジニア 槇田良夫
アート・ワーク 田島照久
ロゴ・デザイン 吉田修一
カメラマン 三浦憲ニ
イラストレーション 佐藤和宏
作詩 末松康生
サウンド・アド(マッド)ヴァイザー いまいずみひろし
エクイープメント・トレーナー 河合雄一
ロード・マネージャー 山田卓也 長沢信之
チーフ・マネージャー 岡井嗣明
プロデュース 磯田秀人

スペシャル・サンクス
ケイ
シット・バック御一堂
一億

製版 山本篤(凸版印刷)
レコーディング及びリミックス場所
  オンキョー・ハウス2nd STUDIO、CBS ・ソニー1st & 2nd STUDIO

Lyrics

カーニバルがやってくるぞ
(パリ野郎ジャマイカヘ飛ぶ)

(1) こわれかかった真赤な車に乗って
   奴らが地獄の果てから
   舞い戻ってきた
   昔はやった唄を歌えば
   町中はお祭りさわぎ

(2) よそいきに着がえて皆な出ておいで
   学校から町から店の中から
   誰が入ってきてもいいさ
   おれたちは歌い続けるから

空と海の間

(1) 青い空 白い波
   雲白く 青い海さ
   青い海 青い空
   ずっと空と海の間
   こまったふりしてただただよってる
   オレのけったサッカー・ボール消えたー

(2) 白い海 青い雲
   波青く 白い空さ
   白い空 白い海
   ずっと空と海の間

  ※知らん顔して走りぬける
   お前の真赤なァさかなァたちさー

  ※ Repeat

(3) 白は波 波は雲
   雲は海 海は空さ
   両手ふりあげて笑いこける
   奴等のガキふたり浮かぶ

泳ぐなネッシー

(1) 空が見たくなっても
   リンゴが食べたくなっても
   顔を出しちやいけないよ

(2) そっと息をつめてえ
   じっと眠っていようよ
   まるで隠れてるみたいにね

(3) その丸い可愛い目を
   今あけちやいけないよ
   暗やみでも水はやさしい(くりかえし)

(4) ほら かすかに聞こえるだろう
   鉄のニオイの足音を
   プラスティックの笑い声を

(5) ほら かすかに感じるだろう
   風もないのにゆれる森を
   小供の小烏も寂しそうだぜ

紙ジャケット・シリーズ(2002年末リリース) 収録内容

1、CD (CDのレーベル面は オリジナルLPのレーベルを再現)
2、紙ジャケット (オリジナル復刻、再現オビ付)
3、インナー・スリーブ (オリジナル復刻、表にメンバー4人のフォト、裏は四人囃子のロゴ)
4、ライナー・ノーツ (オリジナルを完全復刻、2枚折りを4つ折り)
5、新規ライナー・ノーツ (「四人囃子の名作セカンド」 北中正和、4つ折り)

オリジナルのライナー・ノーツを完全復刻!